Skip to main content.

医学研究

先端医学研究

医学研究の一層の発展を支援するための投資や、医学研究のチャリティに対する寄附を行っています。

ロイヤル ユナイテッド ホスピタル、英国バース

ダイソン新生児ケアセンター

バースにあるロイヤル ユナイテッド ホスピタルへの75万ポンドの寄附はダイソン新生児ケアセンター建設の資金の一部となりました。新生児ユニットでは未熟児と病気の赤ちゃんのケアを提供します。

2011年にオープンしたこのセンターは親、スタッフ、乳児を念頭に設計されています。レイアウトはスタッフが効率的に移動できるように考えられ、大きな窓は乳児が生育段階で昼夜を知るのに役立つようになっています。

科学的に実証された環境

リサーチにより、この新たな環境が乳児、親、スタッフに与えた影響が可視化されました。自宅に戻ることができる乳児の割合が、旧棟では64%であったのが、新センターでは90%にまで上昇しました。また、乳児の平均睡眠時間が22%伸びました。

将来のヘルスケアの在り方

この建物のデザインは、国内的にも国際的にも、将来のヘルスケアユニットのあり方を示すものです。米国のヘルスケアの専門家がはるばる当センターを訪れるなどしており、本調査結果は将来の病院のデザインに影響を与えていくと考えられます。

「私たちはダイソン新生児ケアセンターの結果に大変満足しています。癒しの環境が身体の回復に対し信じられないほどの効果をもたらすことが調査で明らかになったからです。」

チーフエンジニア ジェームズ ダイソン

ロイヤル ユナイテッド ホスピタル、英国バース

パイオニアとなる新しいがんセンター

ジェームズダイソン財団はロイヤル ユナイテッド ホスピタルの、新しいがんセンターの設立のために400万ポンドを寄附しました。この寄附は最新鋭の医療機器と専用の研究設備の導入のほか、2020年にセンターがオープンするときには、アートや散策用の庭園の費用にも充てられます。

「ダイソン新生児ケアセンターのケース同様、ジェームズダイソン財団の寄附によって当病院が地域で行うがん治療の水準を大きく向上させることができます。」

ジョン カラム

ロイヤル ユナイテッド ホスピタル「フォーエバー・フレンズ・アピール」会長

募金活動

英国アルツハイマー研究に81,000ポンド

毎年ダイソンの社員はその年のチャリティーを指名します。例えば「ツール・ド・ダイソン」自転車競技のイベントにより、指名したチャリティのため募金が募られました。ジェームズダイソン財団でも集まった募金と同額を拠出します。過去2年間に私たちは英国アルツハイマー研究のため合計81,000ポンドを集めました。