先駆者たち

ジッパー

trailblazer_zip

1914年、米国特許庁はスウェーデン系アメリカ人発明家のギデオン サンドバックによる「フックなしファスナー第2号」の出願を受理しました。サンドバックは、エンジニアの間では20年以上も知られていた、かみ合せた歯によるファスナーのアイディアをさらに洗練させたのです。サンドバック以前に、実用に足るものを作れた人は誰もいませんでした。強度が足りなかったり、すぐに使えなくなってしまったりしたのです。

サンドバックの革新的な点は、それぞれの歯の下側にくぼみを付け、上部に突起を付けてその上にある歯のくぼみにしっかりと収まるようにしたことです。そうしてできた2列の歯の間の結合部は、どの歯も動いて外れてしまうことがないため、高い強度を備えていました。1923年、BFグッドリッチ社が複数のゴム長靴にこのファスナーを採用し、「フックなしファスナー第2号」を商品化した最初の企業となりました。長靴の名前は「ジッパー」で、やがてファスナーも同じ名前で呼ばれるようになりました。