先駆者たち

スウォッチ

trailblazer_swatch

1970年代から80年代にかけて、国内の伝統的な職人技術が安価な輸入デジタル時計に敗北したことで、スイスの時計市場は急速に低迷しました。しかし、あるスイスのエンジニアグループが、伝統的なスイス時計とその製造方法をデザインし直すことによって再びアナログ時計の人気を復活させたのです。

 

成功の秘密は思い切った簡素化にありました。91個あった部品は51個にまで減らされました。部品が少なくなったということは、工程も少なくなったことを意味します。新しい生産技術と素材により、スウォッチはスイスで初めて全自動化された組立ラインで製造され、大量生産されたプラスチック製腕時計となりました。

 

高品質。低価格。スイス製。「2つ目の時計」。それがスウォッチです。さらにその手頃な値段により、人々は2つ目の時計だけでなく、3つ目、4つ目、5つ目の時計も所有できるようになったのです。