先駆者たち / 偉人たち

イザムバード キングダム ブルネル Isambard Kingdom Brunel

dyson_trailblazerfeature_brunel

彼は1826年、20歳の時に、彼の父親による世界初の輸送用水中トンネル、テムズ川トンネルの設計と建設を手伝ったことでその名声を築き始めました。

続いてブルネルは、ブリストルとロンドンの間を走るグレート・ウェスタン鉄道の建設を手掛けました。彼は自ら全ルートを調査し、2つの主要ターミナルと、全長ほぼ3kmに達するボックス・トンネルをはじめとする関連インフラのほとんどを設計しました。

ブルネルは材料と構造を操る達人でした。メイデンヘッド鉄道橋、ロイヤルアルバート橋、クリフトン吊り橋はそれぞれまったく異なる技術を使用していますが、現在もなお利用されています。史上初めて鋼鉄製の船体を採用した蒸気船、グレート・ブリテン号を1843年に建造した彼の鉄の利用法は、当時最も革新的なものでした。