先駆者たち / 偉人たち

フランク ホイットル Frank Whittle

dyson_trailblazerfeature_whittle

1920年代後半の時点で、ホイットルは航空機の燃料効率と速度を増加させるには飛行高度を上げる必要があると論じていました。レシプロエンジンとプロペラは高高度飛行に適していなかったため、ホイットルはジェットエンジンという革新的な技術を提唱したのです。

前部の圧縮機翼を回転させることによって空気が高圧で燃焼室に送られ、ここで燃料と混合して燃焼します。その後、高温の排気ガスがさらに高い圧力で後方へと押し出され、これによって生じた推進力が前部の圧縮機を動かし、さらに空気を取り入れるのです。ホイットルのジェットエンジンは当時のレシプロエンジンよりも強力で、使用される可動部品の数もより少ないものでした。