ジェームズ ダイソン アワード2016
国際TOP20を発表!

jda-2016-logo_b_w

国際エンジニアリングアワード、『ジェームズ ダイソン アワード2016

世界22カ国より集まった国内審査通過作品約110作品より選ばれた国際TOP20を発表!

日本からは、国内最優秀賞受賞作品のCommunication Stickが選出!

一般財団法人 ジェームズダイソン財団は2016929日、財団が主催する国際エンジニアリングアワード「11回 ジェームズ ダイソン アワード 2016」 (以下、JDA) において、世界22カ国より集まった約1,000作品の中から各国にて国内審査を通過した約110作品より、国際TOP20を選出したことを発表しました。日本からは、国内最優秀賞受賞作品のCommunication Stickが選出し、最終審査へと進みます。

 

今回選出された国際TOP20作品は、最終審査候補作品として進み、ダイソン創業者で最終審査員を務めるジェームズ ダイソンが国際最優秀賞1作品と国際準優秀賞2作品を決定します。最優秀賞を受賞した学生(またはチーム)には、賞金30,000ポンド(約407万円*)が授与され、さらに、受賞者が在籍または卒業した教育機関に寄付金5,000ポンド(約68万円*)が贈られます。最終審査の結果発表は、1027日(木)に配信する予定です。(注) *全て受賞時の為替相場に応じて換算。参考金額は2016926日のレートを使用。

 

JDAは、世界を舞台とする国際エンジニアリングアワードです。国際TOP20に入賞した作品は日本国内のみならず、海外のメディアで紹介される機会にも恵まれることで、応募者の新たな可能性をサポートします。昨年入賞したYaCHAIKAは、海外のメディアで紹介されたことがきっかけとなり、その後のご自身の努力によって、今春パリ・コレクションという大舞台で紹介されました。他にも、国際TOP20に入賞した応募者の中には、作品の製品化に成功したり、起業の道に進むケースもあります。

 

JDAは、工業デザイン、プロダクトデザイン、エンジニアリングを専攻する学生ならびに卒業4年以内の卒業生を対象に、2016218日~719日に渡って作品募集を行い、今年は参加22カ国より過去最多の約1,000の作品が集まりました。日本からは、高齢者社会、障害者、教育など、今の日本のみならず世界で注目されている様々なテーマに対する解決策42作品が集まりました。作品は全てJDAホームページ上で公開されています。次項より、作品名をクリック頂くと、日本人以外の作品は英語のページに移行されます。分かりやすい動画を掲載した作品もありますので、是非、ご覧ください。

 

11回 ジェームズダイソンアワード 2016 国際 TOP20入賞作品

 

<高齢・障害に関する問題解決作品>—————————————————————————————–

Communication Stick 

三枝 友仁(日本)

専門学校 桑沢デザイン研究所

デザイン専攻科 プロダクトデザインコース卒業

communication-stick-nocaptions

 

問題:

高齢者がひとりで外出する際には、転倒や迷子などのリスクがつきものです。さらに高齢者全般に、身体能力の低下を理由に外出を避ける傾向が見られます。

解決策:

Communication Stickは、高齢者と介護施設のスタッフをつなぐ歩行用の杖です。「音声からテキストメッセージ送信」「受信したテキストメッセージの音声読み上げ」「転倒時の位置情報通知」の機能を搭載した杖で、高齢者の安全を守りながら、自立した暮らしを支援します。

Oneware 

ローレン・リム(シンガポール)

シンガポール国立大学 工業デザイン学科

onewaresingapore

 

問題:

従来のキッチン用品は、片腕を失った方には使いにくいことがあります。

解決策:

Onewareは、片腕で生活する方がシンクまわりで使うことを想定した特別設計のキッチン用ツールです。1つ(One)のお皿(ware) に複数の機能を組み合わせることで、食材の下ごしらえから食器洗いまで、キッチンで行う多種多様な作業をサポートします。

BLITAB®

クリスティーナ・スヴェタノヴァ、スタニフラフ・スラヴェフ、スラヴィ・スラヴェフ (オーストリア)

ウイーン工科大学 機械工学科

blitabaustria

 

問題:

失明者や視覚障害者は、タブレット型デバイスを使用することができません。

解決策:

BLITAB®は、革新的な液体ベースのテクノロジーを応用して、点字の文章、グラフィック、地図などを浮き彫りにして表現する触覚ディスプレイを搭載した世界初の盲者/弱視者向け点字タブレットです。あらゆる文書を点字に変換でき、USBドライブやWi-Fiも使用可能。タブレット表面にある点状の凹凸「ティクセル(触覚ピクセル)」に触れることで、1ページ分の情報を一度に読み取ることができ、音声の読み上げも可能です。

 

<健康・医療に関する問題解決作品>—————————————————————————————–

Respia

キャサリン・カウェッキ(豪州)

ニューサウスウェールズ大学

工業デザイン学科

respia

 

 

問題:

ぜんそくは、刺激となる環境やストレスにさらされることで発症する気道の炎症です。息切れやパニックなど意識の混濁を引き起こす症状をともなうことから、適切な薬の選び方や投与のタイミングの見きわめが難しい病気です。毎年、ぜんそくが原因で25万人もの人々が天寿を全うすることなく亡くなっています。しかし実際には、そのほとんどが防ぐことができた死なのです。ぜんそくは、無症状のうちに進行し、感染を広げていきます。

解決策:

Respiaは、ユーザーの健康状態と呼吸器の投薬状況をモニター・記録して、ぜんそくの症状を管理するためのシステム。従来の製品とは一線を画した完全な設計の吸入器と、呼吸器の状態をモニターできる世界初のウェアラブル(身につけられる)パッチを一体化したデザインです。

 

Bloom Inhaler

ジェームズ・カッツォーリ(米国)

レンセラー工科大学 機械工学科

bloominhaler

 

問題:

ぜんそく患者が使用する定量噴霧式吸入器のデザインは40年前から変化しておらず、効果的である一方で、非常に持ち歩きにくい形状をしています。ぜんそく患者なら誰もがこの吸入器を処方され、万が一の発作に備えて、常に持ち歩くように指導されます。

解決策:

Bloomは、クレジットカードサイズの吸入器です。6回分の薬剤を保存できる構造で、処方吸入器の容器から薬剤を詰め替えて使用します。詰め替えは、処方容器のノズルをBloomの詰め替えバルブに挿入して密封状態で行えます。処方吸入器を1回押すごとに1回分の薬剤がBloomの容器内に送り込まれて保存されます。通常の吸入器と同様、発作を感じた際にBloomのトリガー部を1回押せば、1回分の薬剤を正確に肺の奥まで吸い込むことができます。

Microwave Steamer

チェン・シャオルー(中国)

同済大学 工業デザイン学科

microwavesteamer

 

問題:

中国では電子レンジが広く普及していますが、電子レンジの調理は、食材の栄養成分を破壊する傾向にあります。

解決策:

Microwave Steamerがあれば、どの電子レンジも蒸し器に変化します。内側の金属層によりレンジが水分だけを加熱して温度を105未満に保つため、食材の栄養を損なうことなく健康的なスチーム調理が可能になります。

SvetTex Nest

ユリア・カマロヴァ(ロシア)

ブリティッシュ・ハイヤー・スクール・オブ・アート・アンド・デザイン

プロダクトデザイン学科

svettex-nest

 

問題:

推定では、新生児の70、早産児の90が、血中の非抱合ビリルビン濃度が高まる「新生児黄疸」に罹患しています。血中のビリルビン濃度を下げる最も効果的かつ簡単な方法は、青い光を当てる光線療法です。しかし青い光の照射は、看護スタッフに副作用を引き起こしてしまいます。

解決策:

布地に光療法のシステムを組み込んだSvetTex Nestは、装置内に満期/早産の赤ちゃんを寝かせ、黄疸の症状をやわらげる光線を当てることにより治療を行います。従来の装置より格段に広い内側の照射面で赤ちゃんの全身にまんべんなく光を当て、治療効果を高めるとともに、発光しない外表面で赤ちゃんと看護スタッフの目を守ります。

Smart Contact lens Platform

ホアーイー・ガオ(カナダ)

ウォータールー大学ナノテクノロジー工学科

smartcontactlensplatform

 

問題:

糖尿病患者の血糖値の測定には、採血や穿刺を要することから、往々にして医療コンプライアンスの遵守率低下につながる要因となっています。

解決策:

Smart Contact Lens Platformは、患者の涙腺膜上で、継続的かつ生体を傷つけることなく血糖値をモニターする装置です。モニターした情報を携帯電話に送信すれば、より安全で手軽な糖尿病の自己管理が可能になります。

 

Stent Tek Ltd

ソリン・ポパ(英国)

インペリアル・カレッジ・ロンドン

生体工学科

stent-tek-ltd

 

問題:

腎臓透析を必要とする患者は、そのための手術を受けなくてはなりません 

解決策:

Stent Tek は、世界で250万人にのぼる腎機能障害の患者が、より安全かつ手軽に低コストで透析を受けられるよう開発した医療装置です。Stent Tekを使用することで透析のための手術を受ける必要がなくなり、結果的に年間450億ドルの医療費の削減にも繋がります。

 

<安全・事故防止に関する問題解決作品>————————————————————————————–

EcoHelmet

イシス・シファー(米国)

プラット・インスティテュート

工業デザイン学科

ecohelmet

 

問題:

世界各国で、通勤や旅行の際に利用できる安くて便利なレンタル自転車が普及しています。一方で、レンタル自転車に乗る際にヘルメットを着用する人はほとんどいません。一日中ヘルメットを持ち歩くのは面倒。レンタルヘルメットは不衛生で、サイズも合わないことも原因です。しかし衝突事故が多発する交通量の激しい都市部では、ヘルメットの着用によりケガや死亡を85も減らせます。

解決策:

EcoHelmetは、レンタル自転車用のリサイクル可能な折りたたみ式ヘルメットです。水をはじく紙を使った放射状のハニカム構造で、安心してより安全にレンタル自転車を利用できます。

H-FLO

アラン・コーラン、シェーン・オドリスコル、ジェラード・オコネル、ケリー・レーン、ジョージ・オルーク、ケーシー・ミーリー   (アイルランド)

コーク工科大学 生体工学科

h-flo

 

問題:

H-FLO は、アイルランドのリムリック市で起きた悲劇的な事故をきっかけに開発したデバイスです。20158月、2名の男性が、シャノン川に架かるトモンド橋の上でメンテナンス作業に従事していました。作業用の足場を橋の高さまで持ち上げるためのケーブルが切れた時、2名の体は、安全ベルトで足場につながれたままでした。川底に落ちた2名は足場からベルトをはずすことができず、そのまま溺れて悲劇的な死を迎えたのです。

解決策:

H-FLOは、自動膨張式のライフジャケットに使用されている技術を応用して開発しました。装置の内側をステンレス製のシリンダーで守り、さらにシリンダーの両端には半円形の取手を取り付けました。使用する際には、この取手に安全ベルトとランヤードをそれぞれ接続します。シリンダーは水中でふたつのパーツに分かれる仕組みで、雄軸と雌軸をピンで留めた構造です。シリンダーが水に沈むと、ガスボンベに穴があき、ガスの高圧が軸を留めたピンの接続部を直撃してシリンダーのパーツをふたつに切り離し、ユーザーの安全を確保します。安全ベルトからの離脱にかかる時間は、わずか5秒未満です。

AQUILAキング・パン・レンジャー・フィ   (香港)

香港理工大学、プロダクトデザイン学科

aquila

 

問題:

世界保健機関WHOの報告によると、溺死は、不慮の事故や死亡理由の第3位に挙げられており、毎年37万人もの人々の命を奪っています。

解決策:

AQUILAは、海で活躍するライフガード(救護員)を支援するための公共サービス向けのデザインです。ドローンに搭載した自動膨張式のエアーマットとAED(自動体外式除細動器)により、救護にかかる時間の短縮を実現します。

Haize

ルイス・アントニオ・マルティン・ヌエス   (スペイン)

サラゴサ大学 産業工学科

haize

 

問題:

街でサイクリング中に道を探そうとすると、グーグルマップを利用するために何度もスマートフォンを取り出したり、ナビゲーションの音声に悩まされたりするなどのさまざまな問題に遭遇します。

解決策:

Haizeは、携帯電話のGPSBluetooth機能を活用して目的地を示すBluetooth対応サイクリスト用コンパスで、移動中も読み取りやすい情報を提供します。

Intelligent View System

マーク・セルヴァン(マレーシア)

マレーシア・サインズ大学 機械工学科

intelligent-view-system

 

問題:

アメリカ国内で年間1,600万件発生する自動車事故のうち、85万件が運転者の目の届かない死角で発生しています。

解決策:

車のバックミラーを適切に調節することで、死角を消すことは可能です。Intelligent View System(IVS)は、運転者の頭の動きに対応してバックミラーの位置を自動的に調節する機能を搭載、設置も簡単なハードウェアです。

 

<サステナビリティの問題解決作品>—————————————————————————————–

Bee2Bee

ユリアン・シュワルツ(ドイツ)

オッフェンバッハ アムマイン造形大学

プロダクトデザイン学科

bee2bee

 

問題:

食品の生産で、牛・豚に次いで3番目に重要な生物とされるミツバチの個体数が減少しつづけています。

解決策:

Bee2Beeは、持ち運べる軽量・簡単な組立て式の養蜂システム。群れの営みに干渉することなく、ミツバチのすこやかな飼育を可能にします。

TetraPOT

シェング・ホン・リー、エリッサ・ヒー、テレンス・ジャング、ジー・クゥ、シューイエン・ワン、キング・コング、リン・シュン・クアング (台湾)

国立成功大学 工業デザイン・電気工学科

tetrapot

 

問題:

既存の人工堤防は、絶えまない海水の衝突により、多くの場合、年月とともに崩れ去ってしまいます。

解決策:

TetraPOTは、空洞のあるコンクリートブロックにマングローブの種を埋め込み、海岸線に沿って連続状に設置する人工堤防システムです。やがてマングローブの木が成長して根を張るとブロックが海岸にしっかり固定され、さらに伸びた根が絡み合って、長期にわたり海岸を守る自然の堤防へと変化していきます。

Mamelleヤニーナ・ヒューネルブルグ  (ドイツ)

ムテジウス・アカデミー 工業デザイン学科

mamelle

 

問題:

乳腺と乳房組織に炎症を起こす乳房炎は、乳牛に発症しやすい代表的な疾病で、最悪の場合、乳牛の死亡にもつながります。既存の治療システムは、ラボで牛乳を検査して診断するまでに最短でも2日を要します。このため、乳牛は検査結果を待たずに、病状の回復を促すために抗生物質を投与されてしまいます。

解決策:

Mamelleは、乳牛の乳房炎の診断にかかる時間を、現在の約2日からわずか数秒に短縮して、抗生物質の適切な投与を支援するとともに無駄な使用を防ぎます。

 

<発展途上に関する問題解決作品>———————————————————————————————

Moka

ヴィクトル・フー、マリーヌ・ゴケレーヌ (フランス)

ストレート大学 プロダクトデザイン学科

moka

 

問題:

蚊は病気を媒介します。しかし既存の解決策は駆除することに重きが置かれており、生態系に計り知れないダメージを与える可能性があります。

解決策:

Mokaは、ヒトスジシマカを駆除せず、この蚊が媒介する疾病を予防するための都市型システムです。このシステムでは、蚊に害を与えるのではなく、蚊を引き寄せ、餌を与え、無害化することで、既存の生態系に影響を与えることなく問題を解決します。

Isobar

ウィリアム・ブロードウェイ(英国)

ラフバラー大学 工業デザイン技術学科

isobar

問題:

発展途上国のワクチン接種プログラムでは、国際標準の適温を保ちながらワクチンを輸送することが難しい状況が続いています。温度管理に失敗したワクチンは、凍結し、効果を失ってしまいます。

解決策:

Isobarは、ワクチンを適温で輸送するための温度管理システムです。最大の特長は、一定の温度に維持した冷却効果が長時間続き、世界中どこにいても充電できること。こうした小型サイズの冷却システムには、1906年にアインシュタインが発明した、アンモニアとブタンを使った「吸収式冷凍機」方式が最も簡略で高い効果を発揮します。熱を利用してアンモニアを上段の容器に送り込み、含水性のあるアンモニアが自然に水と混合します。バルブを開くと、蒸発したアンモニアが容器へ戻り、ブタンが沸騰することで、エネルギーが吸収され、高い冷却効果が発揮されます。

 

<教育に関する問題解決作品>————————————————————————————————–

Kodama

チャールズ・レクレール、アントニ・パコウスキ(英国)

インペリアル・カレッジ・ロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート イノベーション設計工学科

kodama

問題:

ユーザーが3次元で自由に物語を創造できる、利用しやすいインターフェースは存在していません。

解決策:

Kodamaは、ユーザーがおもちゃを手で動かすことにより、画面上に連動した3Dアニメーションを描出するタンジブル・インターフェースです。子供たちが自分だけの物語を創造するための遊具として、さらにプロのアニメーターが素早くストーリーボードを作成するためのツールとしても活躍します。