ダイソン・ビルディング、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートにオープン

news_jamesdysonbuildingOPENSRCA

本日、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのダイソン・ビルディングがオープンを迎えました。若手デザイナーやエンジニアが英国における発明を発展させていけるよう、同ビルは40のビジネスインキュベーターを備えています。

起業したばかりの独創性のあるベンチャー企業には作業スペースと業界に関する相談を受ける指導者が割り当てられ、アイディアの商品化を支援するエンジェル投資家も紹介してもらえます。企業家たちが互いに緊密な距離の中で作業し、新事業の成長に向けて経験を共有しながら問題を解決していくので、才能を育む理想的な環境が生まれます。「英国でデザインされ作り上げられた形ある製品が、世界規模のテクノロジー輸出競争の中での我々の切り札になります」とジェームズ ダイソンは語っています。「デジタルの流行りものではなく、本物の輸出品こそが道を切り拓くのです」。

現在スペースを利用している起業家たちは、すでに投資を集め、雇用を創出し、世界へと輸出を行っています。自立できるようになると巣立っていき、次のベンチャー企業がインキュベーターへとやってきます。世界トップレベルにあるファインアートおよびプリントメイキングの施設も、同校の名だたる卒業生たちの中に加わろうと志す新入生たちの指導に利用されます。

ジェームズ ダイソン財団はロイヤル・カレッジ・オブ・アートに対し、バタシーの新校舎の建設費用として800万ドルを寄付しました。この校舎には、プリントメイキングおよび写真関連の学部、インキュベーター施設、スタジオスペース、そして講堂が置かれます。これはロイヤル・カレッジ・オブ・アートによるバタシーキャンパス拡張プログラムの中心となるもので、同校の学生250人の拠点になります