貸出教材
ダイソン エンジニアリングボックス

改訂版ダイソン エンジニアリングボックス教材は、2種になります。これらの教材は、以下の通り、学習内容が異なりますため、別々の授業で、個別のお貸出をご提案させて頂いております。

①ダイソン エンジニアリングボックス

従来の製品分解組立ボックス「ダイソン エンジニアリングボックス」では、サイクロン掃除機であるDyson Ball™掃除機の分解組立を通して掃除機の構造、デザインや、空気とゴミが分解される仕組などを学びます。

②ダイソン エンジニアリングボックス タングルフリー タービンツール

今回新たに加わった、「ダイソン エンジニアリングボックス タングルフリー タービンツール」では、掃除機の付属ツールの一つで、「髪の毛のからまり」に対する問題解決策を通して、機構、材料技術などを学びます。

技術・家庭科内の授業を中心に実施いただき、実際の製品を分解組立することで、掃除機の仕組みや構造、材料技術を知り、技術者たちの思考を自ら考え直し、生活の中から問題を見出し課題設定し、技術によって解決することの大切さを学びます。

ご質問がある方はこちらのメールアドレスJamesDysonFoundationJapan@dyson.com までお問い合わせください。

ジェームズダイソン財団が提供する教材に関するご利用規約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • クラスの生徒数に合わせた台数をお送りさせていただきますので、エンジニアリングボックスを活用するクラスの生徒数をご記入ください。
    ダイソン エンジニアリングボックスのリクエストと使用に関する利用規約をご確認ください。
    より多くの生徒達にエンジニアリングの楽しさや重要性について知ってもらうため、エンジニアリングボックスの使用の際は、使用中の様子を写真や使用した生徒、教員からのコメントの共有をお願いしております。お送りいただいた写真やコメントは幣財団ウェブサイトやフェイスブックなどのSNSで使用する場合がございます。あらかじめご了承ください。